友罪/薬丸岳 あらすじ 感想

新しい本棚が届きました。回転式ラック。
持っているものと同じものだけど、ワンサイズ上のものを買った。
クルクルまわすのが好き。値段もお手ごろで気に入ってます。
さっそく組み立てて本を収納していく。全部いれてもまだまだ空いている。
よしよしよし。これでまたたくさん本を買えるぞー。




薬丸岳「友罪」 あらすじ・感想

友罪 (集英社文庫)


タイトルがシンプル且つこの作品の最大のテーマです
薬丸さんの作品はいつもテーマが明確でわかりやすい。
物語の進行も文章も無駄がなくて読みやすくて。すっと世界に入っていける。

すごい有意義な読書タイムをくれる、好きな作家さんの一人です。

まずあらすじから。ネタバレなしです。

あなたは“その過去”を知っても友達でいられますか?
埼玉の小さな町工場に就職した益田は、同日に入社した鈴木と出会う。
無口で陰のある鈴木だったが、同い年の二人は次第に打ち解けてゆく。
しかし、あるとき益田は、鈴木が十四年前、
連続児童殺傷で日本中を震え上がらせた「黒蛇神事件」の犯人ではないかと疑惑を抱くようになり―。
少年犯罪のその後を描いた、著者渾身の長編小説。

文庫本裏より

あらすじを見てピンときたかたもいらっしゃると思いますが。
物語中に出てくる「黒蛇神事件」、たぶん実際のある事件をモデルにしていると思います。

ただ、その実際にあった事件を頭に置いて読むと作品に拒絶反応が出そうだったので、
当然のことですが全く別物として読みました。いや実際別物ですよ。
じゃないと、”鈴木”=その事件の犯人として脳内変換してしまって、
どうにも嫌な感情が湧き上がってしまって読書どころじゃなくなるからです。
作者さんの意向には反しちゃうかもだけど。

ここから感想を。ネタバレなしです。

少し分厚い本ですが、最初に書いたとおり無駄がないのでスラスラ読めます。

設定やテーマはすごく重い。そして誰もが納得する答えは永遠に出ない。
これを読んだ人はまずみんな考えると思う。
”自分ならどうだろう”って。
登場人物で言うと「益田」の立場ですね。

あるいは、あらすじには出ていませんが町工場の女子社員。
わたしはあらすじを読んだときから答えは決まっていて、読んだ後も変わらなかった。
この本がどんな”答え”を描いてようが変わらない、とも思っていた。最初から。

この手の犯罪加害者に反省も更生も当然赦しもないと決め込んでいるので、
実際に自分が「益田」の立場になったら、確実に距離をとる。
周りや週刊誌にその存在を言いふらしたりもしない。一切関わりたくないのが本音。

と、まぁわたしの偏った自論を延々書いても意味ないので、純粋に感想を。

まず主人公の「益田」。ちょっと魅力が足りなかった。頼りないというか詰めが甘い。
そういうキャラとしての粗が気になって突っ込みたくなって、ちょっと勿体なかった。

キャラで言えば断然「鈴木」のほうがわかり易くて、
やっぱりこの物語は作者さんにとって、鈴木側の話なんだなと思った。
こっちを描きたかったんだなぁと。

掴みどころがなさそうなのに、益田よりも輪郭がくっきりしていた。

もしこの本が実際の事件をモデルにせず、完全に作り話として描かれていたら、
もしかしたら少しは鈴木の気持ちに寄り添っていたかもしれないし、
自分の考えを見つめなおしていたかもしれない。
答えは変わらないかもしれないけど、もう少し違った過程を辿ったのかなと。

でもそれじゃ意味ないんだろう。作り物じゃ意味がないんだと思う。
作者さんが実際の事件をモデルにした真意はそこにあるのかな、なんて。

薬丸さんの作品は、フィクションとノンフィクションの間をうまく漂っている。

完全に作られた小説の世界に逃げ込むのも好きだけど、こっちも好き。
おもしろかったって、大きな声では言えなくて、ちょっと胸が痛む感じ。……下手くそですみません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です