すべてがFになる/森博嗣 あらすじ 感想

まだまだ腰が痛いです
それを理由に毎日ゴロゴロしてます。





森博嗣「すべてがFになる」 あらすじ・感想

すべてがFになる [ 森博嗣 ]


S&Mシリーズの1番初めですね。

今回は先に、つい最近映像化されたドラマの方から書かせて下さい。
内容には触れません。主にキャストについて

わたし、綾野剛さんが好きでして(知らん)。
犀川先生も好き。
このドラマ化のCMを見たときすごいワクワクしました。
楽しみにしていた。のに。
何故だろう、綾野剛さん演じる犀川先生は好きではなかったです。
犀川先生、あんなに感情的にならないでほしかったな・・・。

そしてそして。萌絵にも言いたいことはありますがそこは置いといて。
一番文句を言いたいのは(←コラ)国枝先生ですよ。
女優さん、ショートカットだったからあのエピソードが入ると思ったのに、なぜ無くしたのでしょう??
あれ必要ですよね。なんならその為の国枝先生のキャラ設定じゃないんですかね?
とまぁ今さらな文句は置いておきましょうか。

ざっとあらすじを。ネタバレなしです。

14歳のとき両親殺害の罪に問われ、外界との交流を拒んで孤島の研究施設に閉じこもった天才工学博士、真賀田四季
教え子の西之園萌絵とともに、島を訪ねたN大学工学部助教授、犀川創平は一週間、外部との交信を断っていた博士の部屋に入ろうとした。
その瞬間、進み出てきたのはウェディングドレスを着た女の死体
そして、部屋に残されていたコンピュータのディスプレイに記されていたのは「すべてがFになる」という意味不明の言葉だった。

文庫本裏より


ではここから感想を。ネタバレなしです。

冒頭、萌絵と真賀田博士の会話から始まります。これがちょっと長め。挫折しそうになりました。
でも世界観がね、本の表紙とぴったり合ってます。真っ白で無機質。

作者の森博嗣さん、理系の作家さん。なるほど、理系の方が物語を紡ぐとこんな感じになるのねと感心しました。
決して難しい言葉で書かれているわけではないんです。まわりくどい表現とか言い回しもないのでさっぱりしているんですけど、読みづらく感じました。
なんでしょう、文章の構成(話の構成ではなく)が独特で、読み慣れないんですよ。馴染めなくて。

同じく理系の作家さんなら、個人的には東野圭吾さんの方が断然読みやすいですかね。

途中、専門用語がたくさん出てきます。そりゃもう遠慮も説明も無しに。
わたしに理系の要素は少しもないので、あんまり意味がわからないまま読み進めました。

そんな状態でなぜ最後まで読めたか、しかもその後シリーズを読破したのか。

このS&Mシリーズの魅力はトリックでも設定でもどんでん返しでもありません。
犀川先生と萌絵の会話が全てです。(はい、個人的な意見です)。

萌絵はお金持ちのお嬢様で、それ故に少し強引だったり突っ走っちゃったりします。わたしは犀川先生と萌絵の関係や、二人の会話なんかも大好きですが、萌絵は好きになれませんね。
いやあんな女の子、なかなかついていけませんよ。
犀川先生えらいですよ。

犀川先生に漂う上品な気怠さが好きです。
(いきなり)。

二人の関係性と少しおしゃれで微妙に噛み合わない会話。たまらなくいいんですよ。自分も頭良くなった気になります。

事件が起きるまで結構なページ数があるんですが、不思議と中だるみはしません。登場人物の会話が楽しいからですね。
理系同士の人の会話って実際にもあんな感じなのでしょうか?

ところでタイトルでもあり作中の鍵でもある「すべてがFになる」という言葉。
これはトリックが明かされる終盤にちゃんと意味がわかるんですが、正直わたしにはふーんなるほど位の感動しかありませんでした。
なぜならわたしがおバカだからです。わたしに少しの理系要素と、基本的な前知識があればもっと感動的な気持ちを味わえたはず。悔しいっす。

天才といわれている真賀田博士について。
”こんなルールがあるなんて知らなかった。誰も教えてくれなかった”
っていうセリフというか回想があるんですが、ここがとっても悲しかった。
いかに特殊な世界で育てられていたかが分かります。

この物語はシリーズものですので、他の作品もひとつずつ改めて紹介していきますね。
個人的にはシリーズの中でこの本が一番難しかったように思います。

このあと結構続けて読破したんで、途中で慣れたのか?頭が良くなったのかも

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です