映画 百瀬、こっちを向いて。 感想

向井理より綾野剛派です。どっちも系統似てるよね?似てない?

先日、wowowで放送されました。wowowさん、お世話になってます。新作放映けっこう早いと思います。

これは以前、原作小説の感想を書きまして、その時にwowowさんで放送が決まっていたので、
見たら感想書きますと綴ったので。約束は守るほうなんで。
特に楽しみにされてはないかと思いますが、お付き合いください。

映画版、百瀬、こっちを向いて。感想です。ネタバレ少しあるかもしれませんので、自己責任でお願いします。

実は一番言いたい感想が、けっこう核の部分かもしれませんので、ネタバレなしで書く自信がありません。

ではまず一言。
何してくれてんだってことを言いたい。

私、この作品で何が一番気に入っていたかと言うと、花言葉のくだりではなくてですね、
タイトルのセリフを主人公が百瀬に言うラストシーンなんですよ。
タイトルにしてるんだから、とっても大事なセリフで大事なシーンなんですよ。
それを変えてくるとはね!ハート強いね!(誰が)

原作では、ここのセリフに向かって「僕」も物語自体も進んでいったようなもの。(しつこく言いますが個人的な感想ですよ)
だけど映画では、花言葉のエピソードが一番印象に残ったかも。あそこを一番の見せ場にしたかったのかな。
確かにね、あのシーン・エピソードは、このラブストーリーの中で唯一おののく(大げさ?)場面。
しかしさ。たとえそうでも、ラストを変える必要ないじゃないですか。

そもそも現在の年齢設定を変えてるところからして、その意図がわからない。必要あるの?
向井くんつかいたくて?謎だ。

キャストさんについては、向井くんは爽やかさを少し隠して、地味で自分にあんまり自信のない感じを上手く演じられていたと思います。原作と違う設定ですけどね。
で、百瀬役の早見あかりさん。大人っぽすぎません?大きくない?イメージと違ったな。演技も。
誰だったら納得するの?って感じですけど、少し考えてみました。

TBSドラマ「ごめんね青春!」に出てた委員長役の女優さんとかぴったり。ツンとした感じ。
でも百瀬はネコっぽい目なんだよね。
キャスティングって難しいですね。文句言ってごめんなさい。

学生時代の「僕」は、はじめて見た俳優さんでしたけど、ぴったりでした
でも決して人間レベル2じゃないですよ。
よく見ればすっごく美少年でした。

そんな感じで、辛口でした。やっぱりラストが変えられるのはあんまり好きじゃないです。
話が変わってくるじゃないですか
それならばオリジナルを作ってほしいです。原作ファンって絶対にいますから。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です