紙の月/角田光代 あらすじ 感想 ネタバレあり 前半

エアコンフル稼働です。
電気代こわいですね~。そんな時は本を読んで得意の現実逃避します。
明細書が郵便受けに入り、即効で現実に引き戻されますがね




角田光代「紙の月」 あらすじ・感想

紙の月 (ハルキ文庫)



これは日本アカデミー賞で初めてあらすじを知り、面白そうだなと思って映画版が気になりましたが、
せっかくなら原作を読もうと手に取った作品です。

まずあらすじから。ネタバレなしです。

ただ好きで、ただ会いたいだけだった――
わかば銀行の支店から一億円が横領された。容疑者は、梅澤梨花四十一歳。
二十五歳で結婚し専業主婦になったが、子どもには恵まれず、銀行でパート勤めを始めた。
真面目な働きぶりで契約社員になった梨花。
そんなある日、顧客の孫である大学生の光太に出会うのだった……。
あまりにもスリリングで、狂おしいまでに切実な、傑作長篇小説。
各紙誌でも第絶賛された、第二十五回柴田錬三郎賞受賞作、待望の文庫化。

文庫本裏表紙より。

角田光代さんの作品は初めて読みました。
「八日目の蝉」は知っていましたし映画も観ましたが、なかなか小説には手が伸びず。
かなり面白かったです。読みやすい。文章が自分好み。
他の作品も読んでみたいです。

ここから感想を。今回はネタバレありで書きます、ご注意ください

簡単に言うとあらすじにあるように、一人の主婦が勤務先の銀行から大金を横領する話です。

主人公の梨花の他に、学生時代の友人、元彼、元同僚の視点で語られるパートもあるんですが、
お金になんて振り回されたくないなんて言って、がんじがらめの生活を娘に強いる主婦も、
自分の稼ぎに不満をあらわにし、酒に逃げる妻に辟易しながら浮気をするサラリーマンも、
離婚時に手放した娘に嫌われないため、高価なプレゼントを買い与えるシングルマザーも、
みんながみんな、金、金、金、です。金にまつわる話ばかり。
そう書くと下品なだけになっちゃいますが、みんなそれぞれ家族や妻や自分自身について苦悩するときには、
常にお金の存在がちらちらちらつきます。

お金を中心に物事も人の心も動いていく。そしてそのたびに考えるのが梨花のことです。
新聞やニュースで梨花の犯した罪を知り、かつて自分の近くにいた梨花を思い出し、
はたして梨花は何のために不正をし、得た大金をどんなふうに使ったのかと思いを馳せる。
それぞれがそれぞれの生活やおかれた環境の中で、梨花を見るのです。読者も一緒に。

と、このままでは脇役の話だけで終わってしまうので、主人公の話を。

読む前は、若い男の子に入れ込んで犯罪に走っちゃうのかなぁなんて思ってましたが、どうも違う。
確かに二人はそういう関係になりますが、
梨花が守りたかったものはその男との関係かと言われればちょっと違うような気もする。

梨花を回想する友人のひとりが、
「お金をくれと言われていたら、彼女は渡さなかったかもしれない」
と思うシーンがあるんですが、まさにそんな感じ。
彼が望むから、自分がそんな存在でいなきゃ会えない、会いたいから犯罪をするしかない、っていうような、
間違った健気さは梨花にはなかったように思う。

ちょっと長くなりそうなんで、後半に続きます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です