秘密/東野圭吾 あらすじ 感想

高校野球決勝戦が熱かった。いい試合でしたね。
三つ目のアウトを獲った瞬間、マウンド上でエースが両腕を挙げてガッツポーズ。
っていう場面が毎年楽しみです。
あの広い球場で満員の観客の中、頂点に立つ瞬間に何を思うんでしょう。
サヨナラだと見れませんが、
それはそれでドラマチックなので、文句なし。誰だよ。




東野圭吾「秘密」 あらすじ・感想

秘密 (文春文庫)



東野圭吾作品の中でも有名な作品。
映画化、ドラマ化されました。
どっちも観ましたので併せて感想を書きます。

まずあらすじから。ネタバレなしです。

妻・直子と小学5年生の娘・藻奈美を乗せたバスが崖から転落。
妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。
その日から杉田家の切なく奇妙な“秘密”の生活が始まった。
映画「秘密」の原作であり、98年度のベストミステリーとして話題をさらった長篇、文庫化。

文庫本裏表紙より。

ちょっとSFチックですね。

東野さんはタイトルのつけ方が巧い。たまにタイトル負けのものもあるけど。こら。
「秘密」は、このタイトルでなければ完成しないと思う。

では感想を。核心に触れるネタバレはさけますが、映画版ラストについてチクチク言います。

という前置きをしたので、まず映画版ラストについて。詳細は書きません。

これは、映像化のときに原作ファンが1番やって欲しくないことをやってます。
「話がかわってくるだろうがぁぁぁぁぁ」のラストです。
この作品はラストが1番重要。そこの解釈を間違えば、途端に普通の作品になってしまう。
いや、変えたくてやってる可能性もあるけど、
それはそれでこの作品は変えちゃダメだろって叫びたい。

まぁね、自分の解釈が絶対に合ってるとは言いませんが、
ことこの作品においては、解釈の選択を奪うような映画版のラストは許せませんでした。

で、ドラマ版はどうだったのかと考えたんですけど、忘れてしまいました。原作どおりだったっけ?

でも、キャストの佐々木蔵之介さんと志田未来ちゃんはぴったりだったかな。
未来ちゃん、幼いなぁと思っていたけど、乗り移った妻役のときはしゃべり方がめっちゃおばさん。さすが。

映像版の方はこれくらいにしておいて。

原作は他の東野作品同様、すらすら読める。わたし、東野作品で詰まったことないかも。
展開も早いし、どんどん先に進めます。

この作品、かなり賞賛する雰囲気でここまで書きましたが、
平介(主人公)と、娘の身体に宿ってからの直子とのやりとりに腹立つ部分が多くて、
というか生理的に受け付けなくって、あぁこれは男性作者が描いた作品だなぁと実感。

以前、「私の男」の感想記事に書きましたが、この作品と通じる不快感があるんですけど、
あれはまだ”娘の意思”だから、まぁなんとか消化しましたよ。
あっちのほうが吐きそうな描写は多いですが。

しかしこの作品は、娘の身体にいるのが”母親”なんで、ちょっとどうかと。
そういうエピソードの直子も含め、全体を通して直子は”母親”よりも”女”のほうが強い印象だったので、
ちょっと理解に苦しんだ。

その分、平介の情けなさややるせなさ、取り残されたような寂しさを想像しやすかったかな。

この作品も”感動”って言葉は似合わない。なんとも言えない読後感。
平介のこれからを思うと胸がひたすら痛いけど、ほんの少しだけ、あたたかさが残りました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です