花の鎖/湊かなえ あらすじ 感想

ナーバス。とにかくナーバスになってます。
いつか詳細を書ければと思っています。




湊かなえ「花の鎖」 あらすじ・感想

花の鎖 (文春文庫)



3人主人公が出てきます。

タイトルがきれいだなぁと思いました。
あれ。
わたしいつもタイトルばっか褒めてません?

ではあらすじから。ネタバレなしです。

両親を亡くし仕事も失った矢先に祖母がガンで入院した梨花。
職場結婚したが子供ができず悩む美雪。
水彩画の講師をしつつ和菓子屋でバイトする紗月。
花の記憶が3人の女性を繋いだ時、見えてくる衝撃の事実。
そして彼女たちの人生に影を落とす謎の男「K」の正体とは。
驚きのラストが胸を打つ、感動の傑作ミステリ。

文庫本裏表紙より。

お気付きの方もおられるでしょう、3人の名前が「雪月花」です。
3人の関係性が気になりますね。

ここから感想を。少しネタバレになる部分もあります。

「雪月花」にちなんだ名前の主人公たちが、それぞれ順番に登場し、それぞれの視点で物語が進んでいきます。
共通して出てくるものがいくつかあり、この3人の繋がりばかり気になり、けっこう早々に設定が分かってしまいました。
しかしこれはこれで、湊さん的には想定内なんだろうという印象です。
3人の名前とタイトルでだいたい想像つきますもん。

個人的に叙述トリックものって好きなんですけど、
もの(または作家さん)によってはそのトリックありきで書かれている作品
最近多いなぁという印象があります。
そのせいで内容が薄いとがっかりしちゃいますが、湊さんは期待を裏切りません。

ページ数もそんなに多くないのに、3人を繋ぐ出来事、運命を変える選択、過去への別れ。
みっちり描かれています。

そのせいというか、おかげというべきか、
逆に3人の繋がりに途中で気付けないと、頭の中が相当ごちゃごちゃするのでは?
という心配もある。

けっこうしんどい(重い)場面もいくつかありますが、ラストに関しては湊作品にしては救いがあったなと。

タイトルに相応しく、花のエピソードで終わる。
少し心があったまりました。
悲しいだけのお話ではなかったです。

あと、近所にきんつばを売ってるお店があれば買ってきてからこの本を読むことをおすすめします。
途中で絶対に食べたくなるんで

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です