映画「グラスホッパー」 感想

伊坂幸太郎さん原作の「グラスホッパー」先日、映画版を見たのでその感想を。
このブログで常連作家さんといえば伊坂さんですよね。(勝手に)
中でも好きな「グラスホッパー」が映画化され、見てみたいなぁと思っていました。
先日某レンタルビデオ屋さんに行き、新作の棚で発見。公開からもうそんなに時間が経っていたのか。

ではここから感想を。ネタバレはまぁ少し、あるかもしれません。お気をつけください。

あらすじは概ね原作と変わらずなので割愛。
恒例のキャストについての文句(こら)も、原作感想記事に書いたのでやめておきます。
一番に思ったことは、続編「マリアビートル」の映画化はないなということ。
どうしてそう思ったのかと言われればちょっと言いにくいですけど、まぁ、なんていうか。
単純につまらなかったので。続編はないだろうと。もう端的に言いました。

グラスホッパーが大ヒットし、マリアビートルも映像化されることを切に願っていたので残念です。

それから、マリアビートルでも出てくる重要なキャラの設定が変更されていた。
これはもしやヒットしようがしまいが続編の映画化は初めから無しと決まってたのかな。

わたしはこの物語の原作ですきだったのが、
主人公の鈴木と3人の殺し屋達の人生と時間が次第に交錯していくところだったんですけど、
映画じゃなかなか上手く表現されておらず。少し残念でした。

特に終盤、あんまり言うと決定的なネタバレになりますが、
鈴木が大ピンチのときの展開なんて、端折らないでほしかったなーと。

そして鈴木と押し屋の交わす時間もかなーり端折られていた。ここ肝じゃないの?
端折るというか、設定変更ですかね。まぁ時間的な問題かと思いますが。

そのかわりといってはなんだけど、奥さんとの思い出のシーンはかなり多かった。
たぶんラストシーンを最初に用意していて、そこにもっていくには仕方ないんだろうけど。
だってラストシーンだけ、なんかさ、殺し屋の物語とは思えないほっこりさ。

で、もちろんそうなると、
映像化で1番気になっていた原作のラストが完全になくなっていたので。
それがかなりショックだった。
あの、物語がひっくり返るようなラスト数行はどこに。

いつものごとく文句ばっかりになりましたのでこの辺で。

もしもマリアビートルが映画化されるなら、3時間くらいの大作でお願いしたいです。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です