グラスホッパー/伊坂幸太郎 あらすじ 感想 2015・11・07映画公開

1番好きな小説は「マリアビートル」です。伊坂幸太郎さんの。
それを語るにはまずこの小説の紹介をしておかねばなるまい。(どうした)




伊坂幸太郎「グラスホッパー」 あらすじ・感想

グラスホッパー (角川文庫)



「マリアビートル」は、この「グラスホッパー」のいわば続編です
でもそれぞれ別のお話なので、どちらか一方だけでも全然楽しめます。余裕です。

この「グラスホッパー」、今秋映画が公開されるということなので、せっかくなのでこちらから紹介を。

まずあらすじから。ネタバレなしです。

「復讐を横取りされた。嘘?」
元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。
どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。
鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。
一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの若者・蝉も「押し屋」を追い始める。
それぞれの思惑のもとに――「鈴木」「鯨」「蝉」、三人の思いが交錯するとき、
物語は唸りをあげて動き出す。
疾走感溢れる筆致で綴られた、分類不能の「殺し屋」小説!

文庫本裏表紙より

おもしろそうでしょ?

疾走感溢れる内容もそうだけれど、この本の醍醐味はラスト一行。思わず読み返す。(←どっかで聞いたことあるな)
伊坂さんにしてはさら~っと終わるんですよ。んー?あれ、ちょっと待てよ、とじわじわきますので。(で?)

では感想いきましょう。実写化にあたり恒例のキャストについても触れます。ネタバレなしです。

先に映画化の話を。
主人公の鈴木役に生田斗真さん。
自殺専門の殺し屋・鯨役に浅野忠信さん
ナイフ使いの殺し屋・蝉役に山田涼介さん。
キャストに関してはですね、近くもないがそう遠くもない感じでしょうか?

蝉役の山田くん、かわいらしすぎてイメージ違いかなと思ったんだけど、予告映像を見るといい感じだった。
でもさぁ、押し屋役の吉岡コトー先生(おい)はちょっと違わない?
本編を見れるのは先だから、イメージの話になっちゃうけど。

恒例のキャスティングバッシングはこれくらいにしておいて。

内容はあらすじにもありました通り、殺し屋たちの物語。
それぞれのニックネームも面白いし、覚えやすい。

ちなみに「マリアビートル」ももちろん殺し屋たちの物語で、
「グラスホッパー」の倍くらい殺し屋がでてきます。

非日常的な、別世界のような題材ですがすんなり入り込めるのが伊坂ワールド。
伊坂さんの書く文章は描写が細かくて喩えにユーモアがあって、”読書”の醍醐味が詰まっている。
だから個人的には伊坂作品の”映像化”はそんなに好きじゃないんだけど、
この「グラスホッパー」映画化にはかなり喜びました

内容が映像向きだし、「押し屋」を巡っての殺し屋たちと鈴木の闘いもハラハラするし、
各々の「罪悪感」の現れ方や向き合い方もきっちり描かれていて、
ラスト一行がどうこう書きましたけど、それがなくても十分楽しめる物語なんです。
と言っても、あくまで「殺し屋たちの物語」なんで、まぁまぁ多めに血は流れますので、
「楽しい」の表現はあんまり良くないかもしれません。まじめか。

でも個人的には、ラスト一行の部分も映画に入れてほしいですね。
ラストシーンにぴったりだし、
原作の読後感と同じ気分を、映画を観終わったあとに感じられると思います。
どんなふうになるか気になりますね。

そして大ヒットしたあかつきには、ぜひ「マリアビートル」も映画化してほしい!
疾走感で言ったら絶対にマリアビートルのほうが上だし。
よろしくお願いします。誰に言えばいいかな?←本気

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です