消失グラデーション/長沢樹 あらすじ 感想

歯科衛生士さんに軽蔑されました。大げさかもしれないけども。

次男、引越し前に通っていた歯科医院で治療中だった歯がまだきちっと治っていなくて、こっちに来てから別の歯科医院へ。

そこそこベテラン風の歯科衛生士さんが歯の状態を診てくれたんだけど、磨き残しと虫歯を発見するやいなや、かなり鋭い目つきでこちらを見据えて一言。

「仕上げ磨きしてます?」

わたし、恐縮しながら、しかし若干開き直って(それが悪かったんだろうけど)「いやー、もうしてないですね」と返す。

「たまに(してるんですか)?」とさらに見下ろすように聞かれ、いや、してないって言ってるじゃん、わかってるのに聞くなんて嫌味じゃん、みたいな不満顔で(子供か)「全然」と返すわたしに、歯科衛生士さん、たぶんキレた。眉毛ピクってなったもの。

その後、お説教みたいなのが始まり、次男の口の中を立って見せられ、それだけで10分ほど費やされ。

その間ずっと上から目線で母親失格とでも言いたそうな軽蔑の目を向けられ続けた。

なんなんだよ。虫歯にならせたわたしが悪いってことですか(間違いなくそうだろ)。

夜中に旦那とお菓子食べる次男が悪いんじゃん。←全然反省してないのでやっぱり母親失格。





長沢樹「消失グラデーション」 あらすじ・感想

消失グラデーション (角川文庫)

本屋さんで購入。

最近、はじめましての作家さんを求めてよく本屋さんに行きます。

そしてたくさんの“はじめましてさん”を読んだ後には必ず“常連さん”に戻るということを繰り返しています。

なかなかバランスがとれていていいなと納得しています。(なんのバランス)

ではまずあらすじから。ネタバレなしです。

私立藤野学院高校のバスケ部員椎名康は、ある日、校舎の屋上から転落し、痛々しく横たわる少女に遭遇する。
康は、血を流すその少女を助けようとするが、何者かに襲われ、一瞬意識を失ってしまう。
ほどなくして目を覚ますと、少女は現場から跡形もなく消えていた!?
開かれた空間で起こった目撃者不在の被害者消失事件。
複雑に絡み合う青春の傷と謎に、多感な若き探偵たちが挑む。
第31回横溝正史ミステリ大賞・大賞受賞作。
樋口真由“消失”シリーズ。

「BOOK」データベースより

シリーズものかぁと少しためらったけど、横溝正史ミステリ大賞・大賞受賞作の肩書きにすぐ落ちる。

読み終わってから、シリーズの続編が出てるならほしいなぁと思いました。おもしろかったです。



ではここから感想を。ネタバレなしです。

なんかあやしいなと思ってたんですよ。いきなりだけどさ。

読み間違いやすい漢字(複数読みできる漢字)にルビがふってないというのがたびたびあったから、わざと?と疑って。

でもそこを疑いきれず、どんどん物語の世界へと純粋に入り込んでしまいました。

しかし、あらすじにある事件が起こるまでがちょっと長くて……。

もう少しあとだったら飽きていたかもしれない。

舞台が高校なので、青春ものって感じの描写やシーンが多いし、それがまた漫画チックな展開・設定で。

退屈さがあやうく顔を出すところだった。

自分が中高生なら、そこも楽しめたかもしれないです。

それくらいしっかり、個々のキャラやエピソードが描かれていたし、文章も読みやすくて苦にはならなかった。

でもやっぱりミステリーを期待して読んでるので、まだ?事件まだ?謎まだ?と気持ちが急いちゃって。

なんか欲しがりですみませんほんと。

そしてその、肝心の消失事件のトリックについてはあんまり褒められたものではなかったのが残念。

何度かミスリードさせたのも面倒だったし、この本の“ミステリー的要素”は別の部分に重きをおかれていて、ちょっと残念だった。

読み返してみると、全部のトリック(事件と、“別の部分”両方)には細かい仕掛けがたくさんあって、すごく巧みにヒントをだしてあった。

なのに特殊な設定や青春ストーリー、丁寧な心理描写に埋もれてしまっていて(私の読解力の問題かも)、全体的に見た・捉えたときにその緻密さが仕事をしていなくて。隠れすぎとる。

謎のすべてが解けたとき、なるほどすげー!ってなるより、強引でアンフェアだよ!ってなる人のほうが多いんじゃないのかなぁ?と思ってみたり。(ちなみに私は後者ですよ、はい。)

とまぁ、こんなに文句をつけておきながら、続編があるなら読みたいなぁと思った理由は、“キャラが活きている”ことに尽きます。

登場人物が多いとややこしいこともあるんだけど、この作品はそれぞれのキャラが確立されていて(個性強い人多すぎってなるけど)全然紛らわしくないし、特に主人公2人の関係性がなんだか微笑ましいし

でもそれだけじゃやっぱり飽きちゃうので、次作に用意されてる事件と謎にももちろん期待しています。

なんせ、二人のかけあいをもっと見たいなぁと思ったので、たぶん続編も購入すると思います。読んだらまた感想書きます~。





ブログ用インスタはじめました~こちらもよろしくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です