村上春樹

スポンサーリンク
小説感想

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年/村上春樹 あらすじ 感想

長男の運動会がありました。入学して初めての運動会。 かぜっぴきの次男と旦那を留守番させ、わたしだけ観にいきました。 たった一人。ビデオカメラとプログラムのみを手に、闘いの場に乗り込みました。大げさ。 さすがに保護者の熱気も幼稚園とは比べ物に...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました