川村元気

スポンサーリンク
小説感想

世界から猫が消えたなら/川村元気 あらすじ 感想

びっっくりするくらいに吹雪いていました。2016年、冬。 朝、起きてすぐに窓やカーテンを開ける習慣がないので、 家の中にいるときは基本的に外の様子を知りません。 長男の見送りをするために玄関をあけて絶句。ふ、吹雪いている!! 次男を幼稚園に...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました