オーデュボンの祈り/伊坂幸太郎 あらすじ 感想

宝塚にハマッてしまいました。
何このイケメン。何そのキラキラスマイル。って感じで。(伝わるわけない)
でも現役の方ではないんです。もう退団されていて、タイミングの悪さに泣けますね。
まぁのちのち書いていきましょう、そのことは。(興味ないとか言わないで)。




伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」 あらすじ・感想

オーデュボンの祈り [ 伊坂幸太郎 ]



これは伊坂幸太郎さんのデビュー作です。しゃべるカカシがでてきます。

ではざっとあらすじを。ネタバレなしです。

コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。
江戸以来外界から遮断されている”荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。
嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。
次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。
未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止できなかったのか?

文庫本裏表紙より。

という、なんとも異世界チックな物語。
結構、伊坂さんってこういう現実から遠い世界を描かれるのが多い気がします。
SFはあんまり好きではないんだけど、まぁ伊坂さんのならすんなり読めます。(上から目線やめい)


では感想を。ネタバレなしです。

主人公が目を覚ますと、そこは自分の部屋ではなくて、という冒頭からタッチがやや軽めなんで、すらすら読めます。
すらすらいくとこまでいったらいったで、散らばっている謎やら伏線やらが気になって気になって、いっき読みしました。

非日常の世界なんだけど、ほんとにこんな島あるんじゃ?と思えてくる不思議。

伊坂幸太郎さんの作品って、あらすじを一口では説明できないものが多い。
複数の話が終盤になってようやく1つの形に収束していく。
そこが好きなんですけど、
例えば、これどんな話なの?って質問に、答えづらかったりする。核心を言ってしまうわけにいかないし。
なので(むりやりまとめたー!)あんまり詳しく書くとネタバレに繋がるかもしれませんので、内容からは1つだけ。

その島には何か大切なものが欠けている、という昔からの言い伝えがあって、
外界からきた人間がそれをおいていく、と続きます。
島民はこの主人公こそがその言い伝えに出てくる、
”欠けている大切なものを教えてくれる外界からきた人間”ではないかと期待しちゃうんです。

主人公が本当にその人物かどうかはおいといて、この欠けているものの正体は当然、作中で明らかになります。

この過程とね、”欠けているもの”が島に訪れるシーンがなんとも清々しくって。
島にとっては100年以上待ち望んだ瞬間なんですけど、
”欠けているもの”をもたらす側のエピソードもまたいいんですよ。
あぁあのセリフがここに繋がるのねって、幸せな気持ちになれます。

読後感の爽快さといったら、伊坂幸太郎の右に出るものはいません。
基準はあくまでわたし個人の好みですけどね。
ぜひぜひこの読後感を味わってほしいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です