64(ロクヨン)/横山秀夫 あらすじ 感想 

目がかゆくて辛いです。何が飛んでるんだ?
外に出なければマシなんだけど、引きこもりはもう嫌だ。(何があった)
目にマスクをするわけにもいかないので、花粉対策メガネしかないかな。
メガネ、最強に似合わない顔だけど。





横山秀夫「64(ロクヨン)」 あらすじ・感想」



最近映画が公開され話題の64(ロクヨン)。横山さんは有名作家さんですが私は初読みです。
気になりつつもスルーを決め込んでいましたが、映画版の予告やらポスターを見てまんまと購入。
犯人は、まだ昭和にいる。←映画版のキャッチコピー。これが決め手です。

まずあらすじから。ネタバレなしです。

元刑事で一人娘が失踪中のD県警広報官・三上義信。
記者クラブと匿名問題で揉める中、“昭和64年”に起きたD県警史上最悪の翔子ちゃん誘拐殺人事件への警察庁長官視察が決定する。
だが被害者遺族からは拒絶され、刑事部からは猛反発をくらう。
組織と個人の相克を息詰まる緊張感で描き、ミステリ界を席巻した著者の渾身作。

文庫上巻「BOOK」データベースより

記者クラブとの軋轢、ロクヨンをめぐる刑事部と警務部の全面戦争。
その狭間でD県警が抱える爆弾を突き止めた三上は、長官視察の本当の目的を知り、己の真を問われる。
そして視察前日、最大の危機に瀕したD県警をさらに揺るがす事件が―。驚愕、怒涛の展開、感涙の結末。
ミステリベスト二冠、一気読み必至の究極の警察小説。

文庫下巻「BOOK」データベースより

文庫本上下巻の大作。この長さもなかなか購入できなかった理由のひとつ。
つまらないとシャレにならぬ。初めての作家さんは特にね。
私、慎重派なんで。時にはあらすじ読まずに買ったり、シリーズ物の途中から買ったりしちゃいますけどね。まぁその辺は忘れて。←

ではではここから感想を。ネタバレなしです。

上下巻ものなので、感想も長くなりますがどうぞダラダラ(こら)お付き合いください。

初読み作家さんの作品は、文体とか描写に慣れるまで少し時間がかかったりします(私の場合)。
横山さんの文章はいわゆる“すっと入ってくる系”(個人的な見解)ではなく、だからと言ってカタイわけでもなく、
なんか不思議な構成(個人的な見解)。これはもう相性に近いんだろうけど、自分には多分合っていない。
だからそれだけで疲れる上に、上巻はほとんど事件の話が出てこないのでちょっと苦しみながら読みました。

上にも書きましたが、私は映画版の予告やらを観て“おもしろそうだな”と思って購入しました。
14年前の“64”事件の真相を追う話だと思っていました。だってさ、犯人は、まだ昭和にいる。って書いてあるんだもん。その犯人を追っていく話かと。
そう思いながら読み進めたので、“話が違うぞ”状態に陥りました。

前半はほとんど、県警と報道陣とのかけひきというか争いと、警察内部でのごちゃごちゃ(テキトー)、
そしてあらゆる場面でしつこいのが主人公・三上の心の葛藤や推測。上巻の半分を過ぎる頃にはかなり疲れた。

物語が動かないわけではありません。動いている物語に全く興味が湧かなかった。
だって“64”事件はほとんど名前しかでてこないし、かなり詳しく展開される県警と報道陣の関係とか警察内部のこととかも、
刑事と警務の違いすらよく知らない自分にはとてもとてもついていけないし、作中で扱われる事態の大きさがいまひとつピンとこない。

これはあれだ、ミステリーじゃない、権力争いの話だ。とガッカリ。
しかし私は諦めなかった。(大げさ)。
このミス大賞をとり、ドラマ化に続いて映画化。つまらない話のわけがない。
絶対何かある!そう、後半に!と気持ちを奮い立たせ(やっぱり大げさ)、
決して読むスピードを落とさずに上巻を読了、上巻よりも気持ち分厚めの下巻を気合を入れて読み始めました。

結果、よかった、諦めなくて。最後まで読んでよかった、なんなの、横山さんすげぇ!ってなりました。(大げさではありません)。ありましたよ、後半に何もかもが。
下巻についてはあんまり詳しく書いちゃうとネタバレになりかねないので、このくらいの感想にとどめますが、読んで損はないです。

そして、この本を読む決め手になった犯人は、まだ昭和にいる。という映画版のキャッチコピー。
14年前の“64”事件の真相・犯人を追う話なんだなと私に思わせたこのキャッチコピーですが、上巻・下巻の途中までは全く見当ハズレなキャッチコピーだなと思っていました。 だって最初は権力闘争とかマスコミとかがメインだったから

もしかして、映画版は原作の前半を描かず、まだ読んでいない後半に綴られているはずの(確信はなかったけどそうじゃないと我慢ならんと思っていた)“64”事件の部分だけをフューチャーして作成されているのかななんて思ってみたりしました。
それくらい、下巻の中盤あたりまでは“64”から遠くに物語があって、迷宮入り事件解決のミステリーを期待していた私にとってあのキャッチコピーは「この嘘つきキャッチコピーめ!」と、だんだん怒りの対象になっていったわけですが。

ところが、です。物語を最後まで読んだとき、あのキャッチコピーは姿形を変えました。
もちろん嘘でもなんでもなかった。解釈の仕方を間違えていただけ。まんまとね。やられたーってなりました(語彙力乏しすぎ)。こんな見事なキャッチコピーのつけ方があるのかと。

犯人は、まだ昭和にいる。これの本当の意味がわかったとき、絶望のあとに湧き上がってきただろう感情がどんなものだったのか思い知らされる。それでもまだ当事者のそれにはきっと到底及ばないはず。悲しくて悔しくて、ただただ呆然としてしまった。

キャッチコピーがうまく作品とリンクして、ここまで考えさせてくれるんですよ、すごくないですか?

と、なぜか最後はキャッチコピー褒めになってしまいましたが。
読んでよかった。前半もっとスピーディーに駆け抜けてくれれば文句なしだったけど、そこは好みの問題かな。
登場人物は多いけど、主人公はじめ主要人物が丁寧に描かれている分、人間ドラマの要素も多くて読み応えはありました。
映画版も機会があれば観たいです。内部抗争とかマスコミとの対峙とかはきっと映像のほうがわかりやすいんじゃないかな。また同じ作家さんの別作品も読んでみようかな。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です