映画「あと1センチの恋」 感想

すっごく久しぶりに恋愛映画を観ました。ラブコメディですけども。

わたしのお気に入り、wowowさんで放送されていた「あと1センチの恋」(公式サイト)
とってもよかった。どろっどろとかあまっあまのラブストーリーが苦手な方にもおすすめ。

AmazonさんのDVD内容紹介からあらすじを。

ロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・クラフリン)は6歳からの幼なじみで、
ずっと一緒に青春を過ごしてきた友達以上、恋人未満の間柄。
くだらない話も夢の話も恋の話も、なんでも2人は共有してきた。
そして二人の夢は、この小さなイギリスの田舎町を離れ、アメリカのボストンにある大学へ一緒に進学すること。
ところが、ある日ロージーがクラスで人気の男の子と一夜を共にし、妊娠してしまう。
2人は再会を誓い、ロージーは地元に残り、アレックスをボストンの大学へと送り出す。
お互いを想いながら言葉にできないままに…。初めて別々の人生を歩むことになる2人。
偶然だった一度きりのキス、記憶の掛け違い、誤解、恋のライバル、読まれることのなかったラブレター、運命のいたずらに翻弄され、12年間も2人は近づいては離れていく。
しかし違う時を刻んでいても、消えない想いがあった…。

ということです。そのまま感想へ。ラストに関わるネタバレありです。

以前ネットでちらっとレビューを見て、内容は全く覚えていなかったんですけど、
いつものごとくタイトルに惹かれて心の片隅で気になっていましたー。

ディスクに移すついでに軽い気持ちで観始めたら、ヒロインの可愛さに釘付け。
そして主人公2人の憎めない不器用さ、ありがちな歳相応の軽薄さに微笑ましくももどかしい気持ちで最後まで観てしまいました。
私、まだまだやることが山積みなのに。2時間テレビ画面見つめちゃったぜ。

とにかく12年間という年月を2時間弱に収めているので、展開がすごく速い。
流れるようなストーリー展開で、退屈するシーンがひとつもなかった。
でも決して雑には描かれていないし、ラブコメディと銘打っているとおり全然重苦しさがない。

だって、これ描きようによってはかなりヘビーな悲恋物語にもなったと思うし。
2人のすれ違いにもっとイライラしたかもしれないし、家族や周りの巻き込まれた人々がほんとかわいそうだし、
あのラストシーンがとんでもなく陳腐になったかもしれない。

それに、「あと1センチの恋」というタイトルがとても重要な役割をしてる。
だってもうこのタイトルだけで切ないでしょ。あと1センチ。もうもどかしいでしょ。
すると不思議なことに、2人を応援したくなりませんか。(誰だよ)
あと1センチをどうにか埋めてあげたくなる、後押ししてあげたくなる。どうですか。(だから誰)
応援したくなるか、身勝手さに腹が立つか。紙一重。
私はとってもあったかい気持ちで観終わることができて、ラッキーでした。

まぁ物語の舞台が海外でなくて日本なら、はっきりいってこの手の設定は絶対にアウトだと思いますけどね。
嫌悪感半端なく抱くと思う。日本人だから、私。日本人って厳しいですよね、そういうとこ。

とにかくヒロインの可愛さと、ひたむきな強さと。それがあるからどんなシーンも救われた。
希望が持てたし、不思議と誰も傷ついていないような結末に。

フィクションなんだから、映画なんだから。これくらい強引なハッピーストーリーも悪くないと思った。

あれだ。
引っ越しにともなうなんだかんだで、相当メンタルをやられていた。ハッピーストーリーが染みすぎました。

読書もいいけど、映画もやっぱりいいな。あ、宝塚も。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です