13階段/高野和明 あらすじ 感想

次男の風邪がうつりました。
咳がつらい。それだけなんだけど。
次男は全くつらくないのか、ぬいぐるみと戯れています。
そして思い出したようにわたしのところへ来て、
お菓子食べていい?と聞いて来ます。
これがけっこう頻繁。常にお菓子を欲している。
なんか知らんが、その質問ストレス溜まるんですけど

高野和明「13階段」 あらすじ・感想

13階段 (講談社文庫)



これまた有名な作品。
第47回江戸川乱歩賞受賞作です。

ではあらすじから。ネタバレなしです。

犯行時刻の記憶を失った死刑囚。
その免罪を晴らすべく、刑務官・南郷は、前科を背負った青年・三上と共に調査を始める。
だが手掛かりは、死刑囚の脳裏に甦った「階段」の記憶のみ。
処刑までに残された時間はわずかしかない。
二人は、無実の男の命を救うことができるのか。
江戸川乱歩賞史上に燦然と輝く傑作長編。

文庫本裏表紙より。

「13階段」の意味は、知ってる方も多いと思いますが、
昔の処刑台への段数から、「死刑」という意味で使われます。
作中では他にもいくつかの意味を持たせています。

では感想いきます。ネタバレなしです。

ちなみにこの作品は映画化されていますが、わたしは観ていませんので原作のみの感想になります。

死神は、午前九時にやってくる。
という書き出しで始まります。
これは死刑囚が、刑の執行当日にそれを知らされるからなんですけど、
この序章の一連の流れで描かれる緊張感と絶望感ったらないです。
こんな体験をすることは間違ってもありませんが、身震いしました

死刑制度について、けっこう詳しく書かれていると思う。
特に主人公の一人が刑務官ということで、
死刑を執行する側の苦悩なんかも描写されていて、
実際にこの仕事をしている人がいるわけで、なんともいえない気持ちになりました。

個人的に、死刑制度には特に反対していません。
この世の中には同じ人間とは思えない鬼畜とも言える犯罪者が実際に存在するわけで、
そんなやつら(ごめんなさい)を裁くには死刑以外にないだろっていう事件がたくさんある。と個人的に感じています。

なので、先に書きました”身震い”するような執行当日のことを読んでも、
死刑囚に同情する気持ちは微塵もありませんが、
実際に刑を執行する場に関わる方達のことを思うと唸っちゃいますね。
犯罪者はここにも迷惑かけてる。

と、死刑制度についてばかり書いてしまい、肝心の内容は?って感じなんですね、すみません。
けっこう詰まっていて読み応えあります。ざっくり。

あらすじにある「階段の記憶」を解き明かすことが物語の肝なんですけど、
この作品は”謎解き”をベースにしつつも1番重きを置いているのはやっぱり人間の本質の部分。

詳しく書いちゃうとネタバレになっちゃいますが、
登場人物それぞれの抱える”本質”がしっかり描かれています。

ちなみにこの文庫本の解説は、宮部みゆきさんがされています。
この作品が受賞したときの江戸川乱歩賞選考委員だった宮部さんが、
選考会当時のことを書いてくださっていて、こちらも楽しめます。

文句なしのダントツ受賞だった「13階段」、ぜひ読んでみて下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です